中国)世界初のドローンタクシーのテスト飛行が行われる

遠隔操作で飛行する自律型の無人航空機ドローンは、軍事用途以外にも空中撮影や配送などさまざまな分野で運用されつつあるが、最近中国の企業が取り組んでいる世界初のタクシー化が話題を集めている。

路上の渋滞に左右されない空の移動を可能にし、コンパクトな機体により離着陸スペースを取らないドローンが個人輸送を開始するとなると、今後の交通業界にも少なからず影響が出るかもしれない。

通信機器メーカーと提携しつつ開発を進める中国、イーハン社の最新ドローン機と、そのテスト飛行の様子が公開されていた。

イーハン184のテスト飛行を公開

上の動画は今年11月末に公開されたテスト飛行の様子だ。

印象的なコマンドコントロールセンター。巨大なスクリーンとオペレーターがあらゆる機能を確認している。また、この社屋内には何全機ものドローンがずらりと並んでいる場所もあるという。

image credit:youtube

いよいよドローンタクシーのテスト飛行開始。機体はイーハン184だ。

機体は一人用。現状ではコンパクトな機体で少人数を近距離まで運ぶ、まさにタクシーのような個人輸送を目指しているそうだ。

image credit:youtube

リーダーエンジニアの話によると、素材は主にカーボンファイバーで総重量はおよそ200kg、最大飛行時間は23分間。バッテリーはリチウム電池だという。

遠隔操作で浮上した機体が向きを変え、安定感のある飛行を見せた。

image credit:youtube

およそ3分ほど飛んだあと無事着陸。イーハン184はすでに1000時間にわたる試験とテスト飛行を済ませている。

image credit:youtube

モバイルネットワークとドローンが融合する未来

なお、イーハン社は中国の通信機器メーカー、ファーウェイ社のワイヤレスXラボと提携し、最新のモバイルブロードバンド技術の運用に取り組んでおり、ドローン同士やドローンとユーザー間の通信の確保を視野に入れているという。

ファーウェイの4.5Gモバイルネットワークで、従来よりも広いデータ帯域幅と通信遅延時間の短縮をはかり、安全性と安定性を高めてよりよい通信を実現させ、将来的にはネットワークとドローンの融合を目指す。

着実に空飛ぶタクシーを軌道に乗せつつあるイーハン社。ドローン自体の危険性などが指摘される一方、次世代の空の交通の一端を担うとも言われるタクシー型ドローンは、個人輸送の新しい形になりうるのだろうか?

via:linkedin/youtubeなど / translated by D/ edited by parumo

元記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です