ドローン遭難救助で「釣り具」が生きる 「ダイワ」がノウハウ活用

ドローンによる遭難救助で、釣り具の技術の活用が進んでいる。今冬、遭難者に救援物資を届けるコンテストで好成績を収めたドローンは、釣り具のノウハウを活用したウインチ(巻き上げ装置)を搭載していた。

「ドローン用のウインチに求められる性能は、現状あらゆる製品の中で(釣りの)電動リールのウインチが最も適している」(同社)という。ドローン用ウインチには(1)小型で軽量、(2)巻き上げ力があること、(3)ライン(道糸)コントロールが正確――といった条件が要求され、「40年近く電動リールを開発した歴史があり、開発が可能だった」としている。

同社は、こうした電動リールの知見を生かしたドローン用ウインチの製品化を進めている。「釣りの環境での過酷なフィールドの中で道具を提供してきた実績が、ドローンの世界でも役立つと考えている」

元記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です